s_IMG_20151022_080741

生まれて初めて「引っ越し業者」というものを使いました。

東京から長野への引っ越しで、さすがに自分でやるのは無理と判断しまして…。部屋の広さは、2K(東京)から3DK(長野)。部屋が広くなる引っ越しなので、ちょっと気楽ですね。

各社から見積もりを取って、価格交渉して業者を決定するのが普通だと思うのですが、僕の場合は最初に自宅まで来てくれた「アリさんマークの引越社」に即決してしまいました。(ネットで一括見積もりを依頼してからものの5分で電話がかかってくるなど、とにかく素早い会社だった)

即決してくれたら値段下げると言われ、ゴリゴリに推されて「もぅいいや」と思って決めることに…。その価格が、10万8千円(税込)

<スポンサード>

事前に、ダンボール50個とガムテープ3個。布団袋2つと、食器包む用のクッションシートをたくさんくれていました。基本的にはそれを使って、引越し当日までに荷造りしていきます。

そして引越当日ーー。

・引越日:平日
・スタッフ人数:3人
・トラック:2tロング車
・フロア:1階→3階EVあり

40個くらいダンボールがあり、ダブルベッドの解体作業もあったのですが、作業はびっくりするほど素早く進みます。朝8時30分頃にやってきて作業を始め、8時55分には出発していました。は、早い、、、。


トラックはおおよそ午後2時頃に長野に着くとのことなので、ボクはひと足先に新幹線で長野へ。

s_IMG_20151022_093143
新幹線かがやきで長野へ(これも速い)

s_IMG_20151022_093937
飼ってるデグーも一緒に

s_IMG_20151022_114854
新居(だいたい1.5倍の広さになりました)

午後2時30分頃にトラックが到着して、荷下ろしが終わったのがだいたい3時45分頃。新居の方が3階にあるからでしょうか。さすがに荷積みほどの時間では終わりませんでしたが、手際よくパッパッパっとやってくれました。

家具配置の融通もある程度なら聞いてもらえましたし、好印象でした。ちなみに、アリさんマークの引越社ではダンボール回収をやっているのですが、長野市は圏外とのことでそのサービスは受けられず。


きっと、もっと安い業社もあるのでしょうけれど、トラブルもなく満足でした。また引っ越しする時は、アリさんマークを使うと思います。ありがとうございました!


このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram