ss_IMG_0607

伊那市高遠にポレポレの丘というのを発見しました。ポレポレとはスワヒリ語で「ゆっくり」という意味。おそらく、それがネーミングの由来になっていると思うのですが、ちょっと不思議な響きなので、看板を見るとなんだか足を向けたくなります。

ここは2.5haもの広大な遊休農地を利用して整備されたフラワーパーク。園内にはすごくたくさんの花が咲き乱れていて、遊歩道やカフェ、畑など様々な施設があるので、見学だけでなくイベントなどで訪れるひとも多くいるようです。

<スポンサード>

ss_IMG_0610
だそうです。

ss_IMG_0609
だそうです。

誰が書いたのか、「デートに最高」「今なら穴場です」など、ちょっと珍スポットの臭いもただよっていますが、いざ中に入るとすごい花畑が広がっていて、散歩には最適です(つまりはデートに最高なのかもしれない)。

ss_IMG_0505
ベンチのまわりにたくさんの草花

ss_IMG_0508
ローズガーデンもありました。薔薇がキレイです。

ss_IMG_0504
ひとりだけの特等席

ss_IMG_0601
焼却炉、素朴でかわいい。

かなり広いうえに、ポレポレの丘の中はぐにゃぐにゃと道がうねっているので、園内マップを見ても全体像がよくわかりませんでした。下手すると森の中に迷いこんでしまう恐れがありますが、ここでは敢えておもいっきり迷ってみる方が良いかもしれません。

まるで、探検してるみたいになれる場所。童心がよみがえる。好きだなぁこういう感じ。

そして、さらに奥へと進んでいくと…。

ss_IMG_0595
森の中にテーブルや椅子が現れます

ss_IMG_0590
木のうえに登れるようになってる。ヒミツキチ感。

ss_IMG_0594
ブランコまであります

ss_IMG_0526
ゲルまであった!

とつぜん森の中にあらわれた不思議な遊び場。

ポレポレの丘には、花畑だけでなく、とっても冒険心がかきたてられるエリアがあったのでした。部屋(ゲルですけど)まであって、椅子と机、遊具まである。世界名作劇場に出てきそうな雰囲気がただよっていて、見ようによっては『森の学校』のようにも思えてくる。ヨーロッパの田舎町にはこんな学校が本当にありそうです(部屋はモンゴル遊牧民のゲルですが)。


…そう。実はこれ、学校なのです。

ss_IMG_0529
「伊那谷まあるい学校」という施設でした

ここは『オルタナティブスクール』と言われる学校で、一般的な学校に通えない、通わなくなった子供たちが、より自由に、より自分たちらしく、学問や自立心、規律を学べる場所として開かれているもの。世界を見ると、オランダやデンマークでは既にそういった制度が整っていて、市民が望む学校を自分たちで作ることが盛んに行なわれているようです。

ゲルはもちろん、屋外に置かれた机や椅子は教室そのもの。本当に、世界名作劇場でいうところの『若草物語ナンとジョー先生』のような世界観なのです。(※ナンとジョー先生は、1993年に放送されたアニメで、2人の先生と13人の生徒がおりなす私設全寮制学校の物語です)

ss_IMG_0527
裏には畑もあって何か植えられてました。なんだろう。

ここの代表者は、伊那市出身であり元公立小学校教諭である濱大輔さん。義務教育の渦中に身をおきながら、様々な壁にぶつかって試行錯誤した結果、まあるい学校の設立に行き着いたのだそう。まだまだ若いのにすごいひとです。

そんな濱さんは、2015年5月3日に開かれたTEDxMatsumotoに登壇されています。テーマは「すべては子どもの声を聴くところから変わる」。(ぼくと一緒に舞台に立っていたのですが、このポレポレの丘に来たのはほんとに偶然で、「まあるい学校」にたどり着いたときはびっくりしました)


濱さんは、本当に教育に人生を懸けていて、淡々とした喋り口調の中にとても熱意がこめられていました。学校の先生は皆大変だと思いますが、中でも特に大変な道を自ら選んでいる濱さんは、本当に頭が下がる思いです。

それだけ信念があるってことだと思いますし、濱さんに支えられてる子どもたち、その親御さんもたくさんいるんじゃないかと、現場を見ていなくてもその雰囲気が伝わってくる方でした。スバラシイ。

ss_IMG_0542
ブランコ乗れます

そんな「まあるい学校」の公式サイトは以下のとおり。

▼オルタナティブスクール伊那谷まあるい学校 HOME

まあるい学校では寄付も募っているようです。もし理念に共感される方がいれば、協力してみましょう。

▼物品のご寄付のお願い


このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram