s_IMG_1034

池田町にアルプス広場という公園があります。ここは、高瀬川の河川敷を整備して作った場所で、看板には、マレットゴルフ場とローラースケート場という名称が書かれていました。マレットゴルフと言えば、長野県内で盛んなスポーツでパターゴルフとゲートボールの中間くらいのもの。県内各所に施設があるので、池田町にあったとしても特段不思議ではありません。でも、ローラースケート場というのはあまり馴染みがないので、どんなものなのか気になってしまいました。

<スポンサード>

s_IMG_1032
マレットゴルフ場


時々、海外のバーなどで店員さんがローラースケートを履いて、フロアを縦横無尽に動き回る姿を映画なんかで目にしますが、実際生活していて使用している人を見かけることはありません。幼い頃、光GENJIが履いていたので、なんとなく小学生の頃は持っていたように思うのですが、それでさえすぐ飽きてしまった覚えがあります。現代っ子がローラースケートを持って、わざわざ専用の施設に出かけ、遊びやスポーツとして楽しんでいる様子がなかなか想像できないのです。

s_IMG_1035
ローラースケート場が見えてきました

s_IMG_1043
外周と中のコートに分かれています

近づいてみたのですが、使用している人は誰もおらず閑散としていました。中にフットサルができるくらいの四角いコートのようなものがあり、外をトラックのように円周状のコースが敷かれています。中と外の隔たりにはフェンスがあるのですが、路面はどちらも同じ材質になっていました。テニスのハードコートよりは若干クッション性がありそうな素材です。でも転んだら確実に痛そう・・・。

s_IMG_1044
こんな感じ

s_IMG_1036
濡れてると危険ですね

s_IMG_1038
フェンスに扉があって中に入れます

コートの中にはたくさんの円弧が引かれていて(かすれているけど)、小中学校の体育館のようなイメージ。中ではローラーホッケーができるようになっているのかもしれないです。

s_IMG_1039
中のコート

s_IMG_1040
ゴールがあります

調べてみると日本ローラースポーツ連盟という機関があり、そこの主催でローラーホッケー選手権大会というものが開催されているようです。それを見ると、開催地の名前に長野市リバーフロントというものがあり、意外な発見でした。5人対5人、2チームで行い、基本的にはホッケー等とルールは同じ。大学生等も大会に参加しているようで、MJクラブという社会人チームがかなりの強豪だということも分かりました。

ローラースケートと聞けばすぐに諸星君なんかが頭に浮かぶのですが、実は奥深いスポーツなんでしょうね。今度は実際にプレーしているところを見てみたいなぁと思いました。

s_IMG_1046
ちなみにトイレ完備です

もし近くを通ったら一度見てみてください!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram