s_IMG_7391

上諏訪駅の近くにある手長神社。何気なく神社を見てみようと立ち寄っただけなのですが、地元の高校生のワーワー騒ぐ声が聴こえてきました。何を騒いでいるのだろう?と思っていると、どうやら運動部の練習で神社の長い階段をダッシュしている模様。青いジャージの背中には漕艇部と書かれていたので恐らくどこかの高校のボート部だと思うのですが、こうして神社の参道を練習場所に使うのってなんだかいかにも青春っぽくて良いですね!!ただ、ダッシュするのは相当辛そう…。

<スポンサード>

s_IMG_7390
手長神社の参道入口

国道20号から1本裏側に入ったところに手長神社の入口があります。「手長」って不思議な名前ですが、『手長宮・手長大明神』という名前の神様だっそうで、このあたりの産土神。ただ、近世には高島城の丑寅の方角に位置するということで、諏訪藩の総鎮守として構えているのだとか。御柱祭は諏訪大社に継ぐ規模で行われ、4本の御柱を持って石段を駆け上がっていくらしいでのす。なので、いわば高校生達の階段ダッシュトレーニングも、御柱の影響があってのこと。となると、なかなか感慨深いものがありますね。

s_IMG_7394
段数にして230段ほど

s_IMG_7396
上までいくとさらに参道は続いています

s_IMG_7404
やっと境内

s_IMG_7402
これで到着!

全ての階段を数えると300段ほどあって、どこまでが練習で使われているのかわかりませんが、駆け上がるのはなかなかの体力を要します。ただ、一般の人の通行があるとしっかりわきまえて道をあけてくれますし、なかなか規律の整った高校生たちで良かったです。

s_IMG_7399
上からの風景

階段を上ることで本当に筋力トレーニングになっているのかどうかはよくわかりませんが、高校生の時期にこうした練習を皆ですることで良き想い出になるのでしょうし、地元に帰って来て振り返る場所があるようでちょっと羨ましかったです。なかなか旅先でこうした光景と出会うことも少ないと思うので、是非とも平日(休日もやってるのかな?)に上諏訪を訪れたら、夕方に手長神社に行って元気な地元高校生を見てみてください!なんだか元気になれる場所ですよ!!



このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram