s_IMG_4307

小布施町には、皇大神社、八坂社、金比羅社が並んだところがあるのですが、そこに簡単ですが遊具が並んでいます。設置されているのは簡素なすべり台くらいなもので、他には魚介類をモチーフにしたベンチらしきものも…。そのベンチがなんだか妙にリアルな形をしていて、とても子供をニコニコ受け入れる感じではないんですよね。

<スポンサード>

s_IMG_4312
神社の境内

年が明けた1月中旬に『小布施の安市』が開かれ、人で溢れかえります。ですが普段はいたって静かな神社の境内。きっと子供たちが遊具を使って思い思いに遊んでいるんでしょうね。そんな中、置かれているベンチが妙な雰囲気を放っているのでどうしても気になってしまいました。

s_IMG_4310
貝、これはまだ普通

s_IMG_4309
フグ、これはカワイイ

s_IMG_4306
イルカ

s_IMG_4308
クラゲ

s_IMG_4311
なんだコレは…

遊具と言えば、赤、青、黄色、時々緑というようになんとなくイメージされますが、ここでは基本的に石の色をそのまま残しているようです。最初に見た時は、うわっ!なんだろうこのベンチは…と思ったのですが、よくよく考えると妙な大人っぽさがあって良いのかもしれません。これも一つのオリジナリティですよね。だいたい、神社の境内がカラフルに可愛く彩られていると、それはそれでどうかと思いますし、これはこれでオモシロイベンチなんでしょう!もし気になる人は、一度見に行ってみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram