s_IMG_7107

渋温泉にある松本製菓。一見、なぜ松本のお菓子屋さんが渋温泉にまで進出してるんだろう?やっぱり、温泉街は儲かるのかなぁ…。なんて思いがちですが、ここの松本は、ご主人のお名前。松本城のある松本とは関係ありません。(もちろん、松本市内でも松本製菓さんのお菓子は売っているんでしょうけれど)そんな、松本製菓さんでは特製オリジナルの温泉まんじゅう、『胡麻そばまんじゅう』というのがあるんです。

<スポンサード>

s_IMG_7215
こんなパッケージ

包装紙にもきちんと松本製菓という屋号と信州渋温泉大通りと書かれていました。お店の人も「ここでしか売ってないんだよ」と教えてくれたので、きっとお店の看板的商品なのだと思われます。

s_IMG_7221
胡麻そばと書かれています

商品の説明書きによると、皮は純良そばの蕎麦粉を使って仕上げているそうで、中の餡は胡麻味噌餡を使っているのだそう。信州はなんてったって、日本一のそば処なので、こうしたお土産品にも蕎麦が使われているのをよく見かけます。ここ松本製菓ではそれが温泉饅頭となって商品化されているというわけ。

s_IMG_7222
蕎麦の風味がただよいます

皮がボソボソとしていているのですが、それこそが蕎麦粉の持つ特徴。小麦粉で仕上げたモチモチ感と違って、すっきり上品に食べることができます。一方、中の餡に関しては胡麻味噌を使っているということもあり、割とドンとお腹に来る感じ。抑えられているとは言え、甘味も堪能できますし、渋温泉で温泉饅頭を食べるなら是非ココの胡麻みそまんじゅうをオススメしますよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram