s_IMG_6801

大きな岩肌が見えてる不思議な美観。これは上田市の半過という集落にある『半過岩鼻』というものです。実際、鼻の穴まで空いていて、人間の鼻に見えるからそう名付けられたのだとか。近くで見るとその大きさに圧倒されるのですが、何よりすごいのは、これが千曲川の浸食によって生まれたものだということ。自然のチカラってすごいです。

<スポンサード>

s_IMG_6803
遠くから見るとこんな感じ

遠景なので分かりづらいですが、岩鼻の右側に千曲川が流れています。鼻の穴のように見えた穴も、千曲川が削り取ったものらしいです。時間の流れだとか、自然の偉大さっていうのが実感できる場所だと思います。ただ、それにしても本当に鼻の穴まで空いているっていうのが良いですね。山岳用語で尾根の形状から「鼻」と呼ばれたりする場所がありますが、こっちは本当にビジュアルが鼻ですものね。ここまできっちりした鼻ってなかなか無いです。

s_IMG_6802
鼻の穴・・・

これが鼻だとしたら、西上田駅のあるあたりがアゴで、信州ハム上田工場のあたりがクチってことになりますね。いったいどんな人格を持った人なんでしょう。上田坂城バイパスを通ると見えると思いますし、千曲川の対岸から見てみるのも良いかと思います。是非上田に行った際は、ちょっと気にかけて見てみて下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram