小布施町にある小布施堂で、毎月ゾロ目の日(3月3日とか、8月8日とか)に開催される小布施ッション。毎回著名人の方を招いてトークショーを開いているイベントで、セッションというだけあって、一方的に話を聞くだけじゃなく、小布施堂を使ってみんなで楽しみましょう!というコンセプトがあるようです。ちなみに、参加した9月9日は面白法人カヤックの柳澤社長のトークショーが開催されてました。

s_IMG_6299
左:セーラさん。右:柳澤さん(面白法人カヤック)

割と近年になってできたイベントで、仕掛人は小布施堂の事業本部セーラさん。セーラさんというのは、蔵部のコンセプトを作ったり、小布施見にマラソンを開催したり、元はと言えば長野五輪で積極的な活動をしていたスーパーレディのこと。小布施じゃかなりの有名人ですね。そして、この日の語り部である柳澤さんの『面白法人カヤック』という会社は、主にコンテンツ製作やおもちゃなど、「面白いもの」を作っている企業で、サイコロで給料を決めるっていうことで話題になりました。本社は鎌倉にあります。

<スポンサード>

s_IMG_6283
時間になると栗の小径に列ができます

イベントには、学生だと無料、一般だと5000円を支払って参加できます。なかなかの格差だな!と思ってしまうのですが、学生さんにたくさん参加して欲しいという狙いがあるんでしょうね。とは言え、5000円払って参加するモチベーションと、無料でちらっと見て行くモチベーションにはかなり差があるような…?!(違うかな…)

s_IMG_6284
中庭の、吹きさらしの小屋のようなところに集まります

わんさか人が集まっていたので、屋根の下に入ることはできませんでした。そういう人は、手前の芝生のところに座って聞くことになります。

s_IMG_6285
こんな様子

勝手なイメージで、『小布施ッション』という響きからレストランを貸し切ったディナーショーのようなものを想像していたのですが、野外フェス的な雰囲気にちょっと驚きました。まぁ「5000円も払っているんだから!」って思いもあるからこそ、そんな豪華なイメージを持っていたのかもしれませんが…。

講演は、さすが面白法人カヤックの社長さん!?「人によって、伝えられる講演時間が違うんですけど、何分喋ればいいですか?」という辛口コメントからスタート。中身はなかなか面白かったのですが、質問コーナーになると、回答を求めている学生さんをぶった切り、セーラさんが「はーい、では皆さん乾杯しましょう!」と割って入る始末。『そのゆるさが良いのだ!』と言ってしまえばそれまでなんでしょうけれど、ちょっと不快に思う人もいたのではないかと思います…。少なくとも僕はあとに出てくる小布施堂の料理よりも、柳澤さんに話に興味があったので「はははー、いいねー!セーラ!!」とは思えなかったです。

s_IMG_6291
ご飯も出ます

s_IMG_6296
お酒も振る舞われました

結局、セーラさんがぶった切ったまま講演は終わり。その後は小布施堂の中に移動して、ご飯やお酒を立食でいただく会へと移行します。しかし、これがなかなかの大人数なので、優雅な立食パーティとは大違い。

s_IMG_6301
なんか人で溢れてました

人を押しのけながら食べたり飲んだりしなきゃいけないので、正直、かな~り窮屈でした。この日が小布施若者会議終わりの日だったからこんなに人が多く、時間の制約もあって慌ただしかったのかもしれません。普段の小布施ッションを知らないので何とも言えませんが、個人的にはもっとゆっくり柳澤さんの話が聞きたかったなーと思ってしまいました。

なんだか全体的に愚痴っぽい文章になってはいますが、基本的に講演内容は為になって面白かったです。それに料理もお酒も美味しいことは言うまでもなく、そういうところは流石、小布施堂だ!と思う部分でもありました。もし機会があれば、是非参加してみてください!ちなみに、1月は1日ではなく、11日に開催されるようですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram