白馬にはミニトレインパークというところがあります。
何気なく白馬八方あたりをサイクリングしていると、結構手前から看板が出てくるので気になって看板を追いかけると東急リゾートのあたりにありました。でも、行ってみるとお客さんらしい人は誰もいないし、SLがバンバン動いているわけでもなく、だけど寂れている様子も無い。よく見れば、コテージが数棟あるようなので、そういったアウトドア感のある宿泊施設も兼ねた小さな遊び場っていうのが最もしっくりくる説明になると思います。

s_IMG_5147
HOゲージっていう小屋にいた萌え系お姉さん

そんなミニトレインパークの一角にHOゲージっていう鉄道模型の展示場があって、そこに入ると小さな萌え系お姉さんが迎えてくれます。ちなみに、HOゲージっていうのは1/87スケールの鉄道模型のことで、一応国際規格らしいです。

<スポンサード>

s_IMG_5138
この看板が入口、かなり手前から看板はアチコチに出ています

s_IMG_5139
入口すぐのところに「HOゲージハウス」はあります

s_IMG_5152
お金を入れて押すスイッチがあります

100円を投じると、模型の鉄道を動かす権利が与えられるようでした。鉄道の種類もいろいろあって、新幹線やあずさ、スーパービュー踊り子、ブルートレイン、ディーゼル特急などなど様々。いまいち鉄道に詳しくないので、取り敢えずお金を入れて適当にボタンを押してみました。

s_IMG_5153
動き出しました

ボタンを押せば、取り敢えずもう見ているだけなので、一定時間が経てばそれでおしまい。でも、「いやだ!もっとたくさんの電車を自由に動かして、ストップさせたり自由に操作したい!」って人は隣に貸し切りルームというところがあるので、事務所で申し込めば使えるみたいです。

s_IMG_5162
ガラス越しに見えた貸し切りルーム

貸し切りルームでは、好きなように電車が動かせて、もちろんストップさせたりもできると思うのですが、その分料金も少し高めで、15分1000円。電車を操るというのはお金がかかるようです。

s_IMG_5168
裏手には鉄子roomという場所が!

そのHOゲージから裏手に回ると、鉄子room(『徹子の部屋』をモジっているのかどうかは定かじゃない)という小さな展示室があって、たくさんの標識などが置かれていました。

s_IMG_5171
展示されていた鉄道グッズ

鉄道が好きな人って、乗るのが好きな人、撮るのが好きな人、コレクターの人など、色々と種別があると言います。人のコレクションを見るのが好きな人もいるんでしょうか。「むぅ!持って帰りたい!」っていう衝動に駆られたりする人もいそうですね。

s_IMG_5167
メインであるミニSL

SLパークと言っているのですから、これが一番メインだと思うのですが、閑散としていたからか係の人がいませんでした。しばらくこの回りを歩いていると「乗りますか?!」という声が聞こえたので、見るとスタッフさんがこちらに向かってきています。さすがに僕は一人だったので「乗りません」と答えたのですが、聞けばやっぱりココはエポックというコテージ宿泊が主のようで(もちろん日帰りで遊ぶことも全然大丈夫です)、敷地内にあった「貸し切りの湯」というハウスも宿泊者のために設けられているようでした。
家族連れだとSLなんかに乗れて楽しいかもしれないですね。あと、鉄道好きの人も楽しいかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram