s_IMG_5288

JR大糸線の白馬駅。冬はスキー客で溢れますし、夏は山登りの人達で溢れる日本アルプスに向かう最後の待機場所的存在です。(ちなみに、松本市はアルプスへの玄関口として絶賛売り出し中)実際、白馬駅はJRの駅でありながら、高速バスなどの発着口にも利用されているので、県外からも県内からも、アクセス起点として利用する人が多いのも特徴的。

そんな白馬駅は、駅を出るとすぐにロータリーがあるのですが、意外とその回りのお店が充実していたりするんです。

<スポンサード>

s_IMG_5283
まずは観光案内所

駅の横には白馬村観光案内所があります。看板の下に小さく「㈶白馬村振興公社」と書かれていますが、以前はこの公社が運営したそうなんですよね。今は、村の観光局が運営のハズなのですが、看板は残っているようです。

s_IMG_5287
観光案内所に足湯

観光案内所を入ると、すぐに足湯があります。「白馬駅前の湯」という至極オーソドックスなネーミングですが、バスや電車を待つ人などが利用したりしているみたい。信州に来たのだからなるべくたくさんの温泉には入っておきたいですものね。
観光案内所では、バスのチケットや各種、ホテルや旅館などの案内をしてくれますし、少しでも分かんないことがあれば聞いてみるのが良いと思います。

s_IMG_5294
八煙というラーメン屋

元々はハイランドホテルっていう立派なホテルの前にあったラーメン屋が駅前に移転して営業しているようです。1階の派手なシャッターが閉まっているので、おや?やってないのかな?!と思いがちですが、店は2階部分。

(参考)駅前に移転後、初の【八煙】へ - 白馬ハイランドホテル スタッフブログ

どうやら1階部分もこのお店が使っているみたいなのですが、敢えて2階に店を開くっていう斬新っぷりが、やっぱり信州ってローカルなんだなぁと感じました。普通、路面店と2階店舗じゃ2倍くらい宣伝力が違うって言いますから…。

s_IMG_5291
その隣には貸しアイゼンなども

そのお隣、緑の看板が目印の案内所では、主に白馬の山々に関するアドバイスを受けることができ、登山案内に加えて、貸しアイゼン等のサービスもあります。こういうのを見ただけで、なんだか「おお!いま自分は、日本アルプスにいるんだ!」って雰囲気になってきますね。たとえ登山しなくても…。

s_IMG_5293
お蕎麦屋さん

そして信州蕎麦のお蕎麦屋さん。「二八そば」というノボリが立っているのですが、意外とファンの多い二八好きには駅前にあってラッキーという感じ。お蕎麦は水で決まるなんてことも言われますが、これほど水がキレイなところはありません。アルプス天然水だとか、スーパーで売ってるペットボトルの水、あれがほぼそのまま上水道から出てると言っても過言ではないのですから!(水の詳しい知識が無いので色々と違ってたらスイマセン。でもお蕎麦は美味しいです)

また、隣にチラリと見える「おじさんの店」ってところでは、レンタサイクルもあるので是非是非利用してみてください。個人店なので、もし「おじさんの店」が閉まっていたら、道路を渡ったところに白馬グリーン開発さんっていうところがあって、そこでも自転車を借りることができますよ。

s_IMG_5292
なんだかやたらオシャレなカフェ

なんだ急にコレは!と思うほど、都会感満載のカフェバー「bamboo」。無料の無線LANなんかもあるので、忙しいノマドワーカーさんや、ちょっとどうしてもiPhoneで大量画像を送らなければならない人、今すぐYouTubeを見なきゃいけなくなった人などは是非利用すると良いでしょう。

というわけで、「白馬村」っていうと、なんだか森の中にあって夏でも吹雪いているんじゃないか!?なんて尖ったイメージをお持ちの方!意外と駅回りは便利で楽しい場所があったりします。登山にスキーに、ぜひ白馬駅を使って行ってみてください!レンタサイクルでサイクリングするだけでも全然楽しめますよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram