s_IMG_6103

須坂にある笠鉾会館ドリームホール。ドリームホールと、なかなかスゴイ名前が付いていますが、ここではお祭りの時に使われる屋台や、笠鉾がダイナミックに展示されています。無料なので見るべきです!

<スポンサード>

s_IMG_6096
2階から見下ろす様子

2階まで吹き抜けの展示場に、全ての笠鉾が揃っているのでなかなかスゴイ光景です。
ここでは須坂の町名ごとにその町の笠鉾が展示されていて、すごく細分化された地域の違いを見る事が出来ます。古くからのお祭りなので、町内で作りあげた伝統があるんでしょう。

s_IMG_6102
頂上部に付いているのが依代です

そんな笠鉾の中で特徴が最も表れるのが、依代(よりしろ)という頂部につけられた飾り付け。依代が兜になっていたり、太鼓になっていたり、違いを見比べるだけでも楽しめますね。

s_IMG_6101
こんな大きな依代もありました

東・南・北横町の笠鉾は「素盞鳴尊(スサノオノミコト)」が大蛇を退治する様子を人形にしています。腕や足などは木製で全長143cmもあります。ちょっとした小学生が上に乗っているようなもの・・・大きいですね。

こういう伝統品と、ドリームホールという名前がどうもつながりませんが、取り敢えず笠鉾を見る時は依代に注目してみてください!



より大きな地図で 長野ウラドオリ を表示
このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサード>

  
長野ウラドオリをご覧頂きましてありがとうございます。
Twitterのフォロー、feedlyの登録、Facebookページへのいいね!などをしてもらえれば、更新情報が届きます。今後ともよろしくお願いします。
 follow us in feedly

インスタグラム強化中!フォローお願いします! Instagram